跳ねる柑橘の段ボール箱

柑橘系アラサー男子が、思うところを書くところ

兼業ポートフォリオ

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

私は兼業で翻訳、執筆、編集などを行っていますが、

兼業の仕事をまとめてみようと思います。

(2017.09.18現在)

 

【目次】

 

 

 

兼業でも「跳ねる柑橘」

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を使用。

ここでも「跳ねる柑橘」として活動しています。

私個人とこのブログについてはこちらをご覧ください。

 

その他、直接依頼も受けています。

兼業のためお受けできるものは制限ありますが、

ご依頼がありましたら、TwitterのDM、Gmailからご連絡ください。

Twitter@hoppingnaranca

Gmailnain.hoppingnaranca@gmail.com

 

 

お受けできるお仕事

基本的には下記業務をお受けしています。

・執筆(ライティング)

・翻訳(英和、和英、西和)

・文字校正・編集

・取材・インタビュー

・撮影(写真、簡易な動画)と簡易な画像編集

 

翻訳・執筆ジャンル

・スポーツ(海外サッカー、テニス、大相撲など)

・飲食店やホテルのメニュー・カタログ(翻訳)

・輸入食材、ワインについて(執筆・翻訳)

・音楽関係(Jpop、クラシックなど)

・旅行について

・その他取材記事

 

その他お受けできること

撮影のお仕事を募集しています。(デジタル一眼、フィルム一眼所有)

・商品撮影(商業撮影経験あり)

ポートレート(モデルさん募集中です) 

・その他風景などの撮影

・簡単な動画撮影

 

 

詳しい仕事内容とこれまでの実績

翻訳業

留学経験などはないものの、

それなりに英語、スペイン語が出来ます。(国際政治学系大学院卒)

これまで、

・英文・西文の記事翻訳

・動画字幕の翻訳

・メニューやカタログの翻訳

多数お受けしてきました。

 

無記名でのお仕事ですが、

サッカー記事やテニス動画の字幕翻訳

オーガニック輸入食品カタログの翻訳

商店街の英語版パンフレットの制作監

の経験があります。

 

 

文字校正・編集

兼業のお仕事として、600記事以上の文字校正・編集を担当してきました。 

記事の文字校正・編集ご対応します。

 

 

ライティング・取材

スポーツを中心に、飲食、旅行などで執筆をしています。

無記名記事で、スポーツ記事、ワインについて、一人旅の魅力などの記事を執筆。

 

またブログ記事として、ワイン、旅などの記事のほか、

クラシック音楽家へのインタビューやシンポジウム体験記、施設訪問レポートを執筆。

インタビューや体験取材記事の執筆もお受けいたします。

(撮影取材も応相談)

 

インタビュー

特にクラシック音楽家の方など、

活動をしていくうえで発信をしていきたいとお考えの方大募集です。 

兼業の仕事ではありませんが、

当ブログで音楽家のインタビューと公演紹介記事を執筆しました。

渋谷で気軽にガチクラシック 『鍵』となるオーケストラ~Orchestra Ensemble Tokyo~ - 跳ねる柑橘の段ボール箱

【インタビュー】クラシックをメインカルチャーに戻したい―「O.E.T」代表 水野蒼生さん - 跳ねる柑橘の段ボール箱

 

 

実績紹介

記名記事はスポーツのみですが、下記にご紹介します。

テニス 

2人揃ってトップ選手!きょうだいで活躍するテニス選手たち | SPAIA

レジェンドから新星まで―テニス大国オーストラリアの選手を紹介 | SPAIA

情熱の国!スペインのテニスプレーヤーたち | SPAIA

遅咲きの苦労人 杉田祐一の躍進を振り返る | SPAIA

「錦織圭2世」西岡良仁選手のこれまでの軌跡 | SPAIA

グランドスラム4大大会を知ろう(前編) | SPAIA

グランドスラム4大大会を知ろう(後編) | SPAIA

 

サッカー 

ダービー・マッチを知ろう イングランドプレミアリーグ編 | SPAIA

ダービー・マッチを知ろう イタリア セリエA編 | SPAIA

ダービー・マッチを知ろう スペイン リーガ・エスパニョーラ編 | SPAIA

 

大相撲 

横綱だけの特別な儀式「横綱土俵入り」とは | SPAIA

モンゴルだけじゃない!世界各国からやってきた外国人力士 | SPAIA

伝統から珍名まで。四股名を知って大相撲を知ろう | SPAIA

番付表から大相撲の階級を知ろう | SPAIA

夏の成果がここに出る!大相撲2017年の九月場所を予想 | SPAIA

大相撲2017年の十一月場所を予想 | SPAIA

 

 

写真撮影

デジタル一眼レフPentax KP)を所有しています。

ポートレートから料理・商材の写真、風景写真など撮影いたします。

撮影とインタビューを合わせてのご依頼もお受けいたします。

 

また、フィルムカメラも所有しておりますので、

アーティスティックな写真などフィルムでの撮影もご対応可能です。

 

個人の写真ですが、私のポートフォリオは以下をご覧ください。

note.mu

www.instagram.com

 

 

改めて連絡先

直接依頼お受けしています。

兼業のためお受けできるものに限りがありますが、

可能な限りご対応いたします。

ご依頼がありましたら、TwitterのDM、Gmailからご連絡ください。

Twitter@hoppingnaranca

Gmailnain.hoppingnaranca@gmail.com

 

どうぞよろしくお願いします。

ワインの用語「~ジュ」多過ぎ問題について

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

最近ワインの勉強を再開しました。

試験に出るような知識が素晴らしい勢いで抜け落ちている…。

というわけで、今回はそんなワイン勉強の中で私が感じた、

「~ジュ多すぎじゃね」

「マセラシオンややこしくね」

をテーマにお送りします。

 

ワインエキスパートとかに興味がある方は、

「~ジュ」シリーズのまとめに、

資格には興味ないけどワインは興味ある方は、

「なにこれ超ウケる。こんなの考えて飲まないしw」

と楽しく読める内容です。

 

なおそのほか用語で面白いのはボトルサイズですね。

こちらに書いています。

hoppingnaranja.hatenablog.com

 

(目次)

 

 

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20161102154728j:plain

フランス語ってむずかしい

ですよね。

発音できないし。メルシーとかすら。 

でもワインの用語は基本フランス語です。

ボルドーブルゴーニュシャンパーニュがあるからね。

そこは諦めましょう。

 

「~ジュ」多すぎ問題

ワインの勉強をして、とにかく多いと思ったのが、この「~ジュ」という単語。

フランス語のことはよくわかりませんが、

おそらく接尾辞「-ge」で名詞となっているのでしょう。

では、私が勉強して出会った「~ジュ」を、

ワインが作られるところから飲まれるところまでの時系列に並べたので、

ごらんください。

 

●ブドウ栽培

ビュタージュ(Buttage:土寄せ。冬の間に寒さから根とかを守る)

デビュタージュ(Débuttage:畝崩し。栽培開始の合図)

 ※「デ(De-)」で反対の意味なのは英語も仏語も同じですね

アコラージュ(Accolage:新梢を棚や棒に固定すること)

デゼルバージュ(Désherbage:除草。余計な草を抜く)

ヴァンダンジュ(Vendanges:収穫。お祭りだ!)

 

●発酵・熟成

エグラパージュ(Égrappage:除梗。果実の芯を抜くこと。抜かない場合もある)

フーラージュ(Foulage:破砕。つぶす)

プレシュラージュ(Pressurage:圧搾。ジュースをしぼる。プレスの面影がある)

 

デブルバージュ(Débourbage:発酵前の清澄 ※白)

→絞った果汁を低温で半日ほどおき、上澄みをつかう

 よりスッキリとした白ワインを作りたい場合

ルモンタージュ(Remontage:パイプを繋いだタンク内のワイン循環)

→タンク内の温度や酸素状態を均一・安定にして成分抽出を促す作業

ピジャージュ(Pigeage:醸造途中、あがってきた梗とかを櫂や足で突き崩す)

→抽出を強くしたいときにおこなう作業

エレヴァージュ(Elevage:樽熟成)

バトナージュ(Bâtonnage:熟成中の櫂入れ。バトンを感じる)

→滓の成分がワインに溶け出し、風味が複雑になる

ウイヤージュ(Ouillage:熟成中の目減り分をつぎ足す)

→樽にしみこんで蒸発しちゃうんです

 

スーティラージュ(Soutirage:澱引き)

コラージュ(Collage:清澄)

フィルトラージュ(Filtrage:濾過。フィルターを感じる)

アンブテヤージュ(Enbouteillage:熟成後の瓶詰め。ブテイユは仏語でボトル)

 

●スパークリング

アッサンブラージュ(Assemblage:調合。ストックワインのブレンド)

ティラージュ(Tirage:瓶内二次発酵を行う前の瓶詰と補糖)

ルミュアージュ(Remuage:澱を瓶口に溜めるための回転作業)

→デゴルジュマン(澱抜きのための瓶口凍結→抜栓の工程)

ドサージュ(Dosage:糖分の補充。甘口か辛口か決まる)

ブサージュ(Bouchage:打栓。コルクを打ち金具で留める)

 

●飲む

セパージュ(Cépage:ブドウ品種)

→「こちらのワインのセパージュは、メルローが50%…」とか言う

マリアージュ(Mariage:料理との組み合わせ。結婚!)

→シャブリと生ガキ みたいな

デキャンタージュ(Decantage:ワインをボトルからカラフェに移すこと)

→澱の出ている赤ワイン、ヴィンテージポート…澱抜き

 若いワイン…空気との接触で丸みと滑らかさを

 

マセラシオン

マセラシオン(Macération:醸し、発酵)

かもしですね。もやしもんです。

同じ醸しでもいくつか特殊なやりかたがあります。

赤ワインのみで見られるもの、白ワインのみで見られるものがあります。

 

マセラシオン・ア・ショー(Macération à chaud:加温抽出法 ※赤)

→果汁を熱することで果皮の細胞を破壊し色素を抽出しやすくする方法

 飲みやすいが長期熟成は意味をなさない

 

マセラシオン・カルボニック(Macération carbonique:炭酸ガス浸漬法 ※赤)

→密閉タンクにCO2を充填させる発酵方法

 色素や香りが抽出されやすく、早くから飲めるワインができる

→マセラシオン・ナチュレル(Macération Naturel)

 アルコール発酵で生じる天然のCO2を利用する炭酸ガス浸漬法)

 

マセラシオン・ペリキュレール(Macération Pelliculaire:果皮浸漬 ※白)

→破砕後に果皮を取り除かず、果汁に漬け込んだまま低温で長く置く

 香りの成分を十分に抽出し果実味が最大限に引き出される →スキンコンタクト

 

 

こんなん覚えろってんかい!

ソムリエのみなさんはこれを覚えているんですね、すごいや。

マセラシオンはわかるけど「~ジュ」がやばい。笑

 

ボルドーの格付けとかブルゴーニュグランクリュもしんどいけど、

単語クイズ的な目線ではフランス語って本当やっかいですね。

 

という記事でした。

こういう風に出題されないかもしれないけど、

覚えないとね。

 

では、¡Hasta Próxima!

【旅】クロアチア縦断⑤~過去と現在が交わる街スプリット~

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

 

数年前のクロアチア旅行記を書き上げるのに、

このままでは1年かかってしまいそうなので、ここから少しペースアップします。

今回はスプリットです。

 

はじめに言ってしまうと、このスプリットの街は、

初春の肌寒いプリトヴィツェ国立公園より鮮やかで

ザグレブより暖かく

人によってはドブロヴニクより過ごしやすい

そんな素晴らしい街でした。

(※今回は写真ばっかりです)

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170813002923j:plain

 

(目次)

  • ザダルからバス
  • 期待を良い意味で裏切る街
  • 旧市街に入る
  • 宮殿の外も素敵
  • さあいざドブロヴニクへ

 

 

続きを読む

【旅】クロアチア縦断④~アドリア海との邂逅~

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

  

以前から牛歩で書いているクロアチア縦断紀行。

今回はザダル。ついにアドリア海に到達ですよ。 

一番「あ、俺旅してる」感があったのがここですね。

 

 

(目次)

 

 

 

目指すはアドリア海

バスが来ず、急きょ一泊したプリトヴィツェを離れ、

目指すは太陽の街ザダル。

3月のプリトヴィツェ界隈、朝は寒いです。

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811200205j:plain

車窓から。

まだ新芽が出ていない落葉樹の茶色とと濃緑の常緑樹…

レンガの屋根と白い壁はなんとなく地中海っぽさあるけど、

どこか寂しげ、でも悪くない。そんな景色でした。

冠雪してるし。

 

それが徐々に…

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811200513j:plain

石灰岩の山と礫(小石)が転がる台地、

レンガ造りの家を照らす光りも、心なしか明るめ。

台地に生える低木もなんかそれっぽい!笑

 

そう、ここはアドリア海のそば。

もうすぐ、この旅で目指していたアドリア海が見えるのです。

このとき、すごいワクワクして。

「あ、旅してるんだ、俺」ってかんじがしました。

ずーっと見たかった地中海、アドリア海がもうすぐ迫ってる。

どうなるんだろう、どうなってるんだろうって。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811200830j:plain

じらすねえ。笑

 

 

見えた!その時

バスがすっごい揺れて、急停車。

なに?

なに?バスジャック?

 

…???

 

運転手が降りる。

なにやら後ろに歩いていく。

 

何か拾う。

戻ってくる。

出発。

 

???

 

サイドミラーが落ちたらしい

 

 

…おい

これ、水曜どうでしょうで観たぞ…

確かケツァール撮るやつ。

 

この時とっさにカメラをリュックにしまってしまい、

(本当に強盗だったらいやなのと脱出しなきゃいけないならすぐ動きたいから)

直後に訪れた待望のアドリア海という瞬間

一切写真を撮っておりません(最悪)

 

いや、だってあれ結構緊迫したんですよ、ホントに。

 

太陽の街ザダル(冬)

気を取り直してザダルです。

 

 クロアチアの真ん中らへんにあるザダル

イタリアなどへのフェリーも出ている港町です。

 

高速バスターミナルは旧市街から車で20分くらいのところにあって、

市バスで旧市街まで行くことができます。

値段は…すいません一切の記録がございません。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170813002724j:plain

アドリア海ぞ!!!(感激)

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170813002806j:plain

アドリア海なのだぞおおおお!!!(興奮)

 

 

落ち着こう。 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811201706j:plain

海にせり出した昔の都市国家がいまも旧市街として残っており、

遺構や古い教会がそのままに広場となっていたり、

すぐそばにカフェがあったりします。

こういう過去と現在の融合は本当に美しい。

 

旧市街には、バックパッカーや旅行者用の荷物預かり所があって、

私もそこを利用しました。

これもねー、記録がなくていくらかかったか忘れちゃったんですが、

そんなに高くなかったと思います。

ただ管理人がややフリーダムで、

「ちょっと外してます。10分くらいでもどるよ!」

という張り紙とともに施錠され、45分くらい荷物を出せずに困りました。

この辺、なんかクロアチア人っぽいかもしれない。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811201852j:plain

3月だけどジェラート(これただのアイスだと思う)を堪能。

正直寒くてこの後そっこーでエスプレッソを飲みに行きました。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811201958j:plain

フェリーが出る。

Jadrinijaってのはフェリー会社。

アドリア海はJadranskoって書くんですが、ヤドランスコ?って言うんだって。

ヤドランってあれかい、あの…貝に尻尾咬まれた…

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811202120j:plain

港町ザダル。

レンガの屋根に、白い船、この景色が見たかった。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811202138j:plain

この丸い床は「ザダルの太陽」

夕日の光が反射してきれいなんだって。

私は日没前にザダルを出ねばならなかったので見ることは叶わず。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170811202224j:plain

旧市街の路地。

何でもない一枚だけど、音楽が鳴り響いていた路地で、

お気に入りの思い出がよみがえる。

 

滞在時間4時間のザダルを去る

いいかんじでしょう?ザダル。

でも、私はここに4時間しかいませんでした。

 

だって今夜の宿もうスプリットにとってたんだもん…

 

毎晩その場で宿を探すスタイルにすればよかったと悔いた瞬間です。

どうせSOBEに泊まるんだし…

 

次のスプリットも、旧市街が世界遺産で港町で、

クロアチア第2の都市とはいうけど、ザダルとあんま変わんないんだろうな。

 

と思っていましたが、これが良い意味で期待を裏切られました。

 

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170813002923j:plain

スプリットはぜひまた行きたい。

すてきな、本当にすてきな街でした。

 

次回もこうご期待です。

では、¡¡Hasta próxima!!

【調査】意外と世の中ワイヤレス?

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

過去数回、気になって、調べて、結局買った

ワイヤレスイヤホンについての記事を書きました。

 

hoppingnaranja.hatenablog.com

hoppingnaranja.hatenablog.com

hoppingnaranja.hatenablog.com

 

現在愛用しているわけですが、今朝通勤電車でふと周りを見渡して思ったのです。

 

意外と…ワイヤレスイヤホン人口増えてる?

 

というわけで、超アナログな手法で調査してきました。

どれくらいの通行人がワイヤレスイヤホンを使用しているのか、

この両の目と、両の手の指で、数えてきたのです。

 

(目次)

  • 調査方法
    • 【対象】
    • 【調査場所】
    • 【調査期間】
    • 【調査方法】
  • 調査結果
    • 【数値】
    • 【考察】
  • さいごに

 

続きを読む

本ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。