跳ねる柑橘の段ボール箱

柑橘系アラサー男子が、思うところを書くところ

ワイヤレスイヤホンを買った。ストレスフリーっぷりが凄い。けどやっぱ不都合もある。

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

 

最近、ワイヤレスイヤホン、ヘッドホンが気になって記事を書いていたわけですが、6月に買っておりました。

そして1か月近く使っているので、ここらで使用してみての感想などを書いてみようと思います。

 

なんと今回、初の顔出し(出てない)してますよ!

(これにいったいどんな集客効果があるのか)

  

(目次)

  • ワイヤレスイヤホン買っちゃった
  • 感想
    • 【かなり良いところ】ワイヤレスのストレスフリーっぷりが凄い
    • 【思ったより良いところ】そんなに音質も悪くない
    • 【まあまあなところ】バッテリーは充電癖がつけば問題なし
    • 【イマイチなところ】BLUETOOTH非対応の機器がある
    • 【結構イマイチなところ】マイクがあまり役に立たん
    • 【イタダケナイところ】やっぱタイムラグが生じる
  • まとめ

 

 

 

続きを読む

衝動

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

7月になってしまいましたね。

2017年ももう半分が終わったということ。

時の流れは早く、残酷。私の20代はあと数百日…。

 

と、今年の折り返しということで、

ちょっとここのところ思っていることを書いてみようと思います。 

悶々、鬱々からの衝動です。

 

(目次)

  • 分岐点?
  • 写真で伝えたい
  • インタビューを通じて
  • 人に会って思ったこと
  • 頭でっかちになるな。行動に移せ

 

 

 

続きを読む

【インタビュー】クラシックをメインカルチャーに戻したい―「O.E.T」代表 水野蒼生さん

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。


※いつもとちょっと語調を変えてインタビュー記事っぽく(笑)書いてみました。

 

前回も書いた「Orchestra Ensemble Tokyo」

hoppingnaranja.hatenablog.com

 

7月20日に結成記念公演を行う、Orchestra Ensemble Tokyo、通称O.E.Tは国内外で腕を磨く若手音楽家たちで組まれるオーケストラだ。


代表で指揮者の水野蒼生さんは、オーストリアザルツブルク・モーツァルテウム大学で指揮者として学んでいる。彼は今回クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」でチケット販売および公演開催の支援を募っている。

 

camp-fire.jp

 

パトロン(どうも言葉に抱く印象が悪いな、先入観は怖い)になった縁もあり、
CAMPFIREの取り組みと水野さんのブログやTwitter以外に、
このオーケストラの存在を広めるために自分ができることはないだろうか。

そう思い今回、ザルツブルクにいる代表の水野さんに、音大の多忙なスケジュールや公演準備のなか貴重な時間をいただき、オンラインインタビューをさせていただいた。

音声だけでのやりとりで、なぜか接続が悪くなんどもかけ直すなど迷惑をかけてしまった。そして何より顔を合わせたことのない私が聴き手というシビアな条件にもかかわらず、水野さんは現在のクラシックとその外側に対しての思いをざっくばらんに話してくれた。

 

(目次)

  • O.E.T結成まで
    • 結成前夜、水野さんの取組み
    • 小回りの利く編成で
  • 結成記念公演について―入口のオケとして―
  • クラシック界への思い O.E.Tでの試み
    • Tシャツ短パンでも構わない―現状を打破したい
    • リスクを恐れずに選んだクラウドファンディング 
    • フライヤーにも挑戦を
    • 叩かれてからが本番 
  • O.E.T、水野蒼生の今後―タワレコの新譜コーナーにクラシックを―
    • インタビューを終えて
  • 公演情報 

 

 

 

続きを読む

渋谷で気軽にガチクラシック 『鍵』となるオーケストラ~Orchestra Ensemble Tokyo~

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

 

みなさんは

クラシック

この音楽のジャンルに、どういう印象をお持ちですか?

 

「上品」 「壮大」 「美しい」

と思う一方、

「公演一回が高い」「一曲も長い」

「知識が無いとわからない」

「ウンチクがね・・・」

「静かに聴かないといけない」

「咳払いすらしづらい」

「なんやねんブラボーって」

「正装しないといけないじゃん」

 

…要するに、クラシックって敷居が高い じゃないですか?

 

私は小中学校で楽器を習っていました。そして社会人になった今、もう一度習い直しています。いわゆる「大人の音楽教室」状態。習っているのはこれを標榜する大手さんではないけど。

さらに、ときどきチケット買ったり、いただいたり、知り合いの音楽家に招待してもらったり、そんな感じで年に数回クラシックコンサートを聴きに行きます。

そのたびに、その会場内に作り上げられる世界に浸りつつも、

…まあ、堅いは堅いな。もっと軽い気持ちで聴けてもいいよね。と。多少クラシックに慣れ親しんだ私にしても、上に書いた感想はうなずけるものばかりだし。

クラシックというジャンル自体がそういう、

敷居の高い世界であることを望んでいるのかな。

そんな風に思っていました。

 

そしたら、たまたまなんですが、

このジャンルで新しい世界を切り開こうとしている若い人達を見つけました。

 

Orchestra Ensemble Tokyo

通称O.E.Tという、新しいオーケストラです。

 

f:id:nain-hoppingnaranca:20170619144919p:plain

 

クラシックの世界への入口を、渋谷で覗いてみるのはどうでしょう?

 

(目次)

  • O.E.Tとは
  • 発見し、共感し、応援する クラシック界に新しいカタチを
    • ◆音楽家とファンの新しい繋がり方◆
    • パトロンになってみた ◆
  • 渋谷で気軽にガチクラシック

 

 

 

続きを読む

【旅】クロアチア縦断③~プリトヴィツェ国立公園 雪解けの湖、バスは来ず~

跳ねる柑橘(@hoppingnaranca)です。

  

以前から牛歩で書いているクロアチア縦断紀行。

ザグレブはまた最後に戻るので書き忘れたものはそこで書くとして、

今回はザグレブの南にある

世界自然遺産プリトヴィツェ国立公園です。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f7/Plitvice-2003.JPG

Wikipediaプリトヴィツェ湖群国立公園」より)

綺麗ですね!

さあ、3月のプリトヴィツェはどうなのかな?

見てみましょう。

 

ざっというと、事件でした。

 

 

(目次)

  • どこ
  • ザグレブから行く
  • 今しか見れない景色がそこに広がる
  • 公園概要
    • 入場
    • 荷物預かり
    • フェリーやトローリー
  • 「バスが来ねえ」事件
  • トラブルはつきもの

 

 

 

続きを読む

本ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。